横社会による異業種交流会ならぬ同業種の交流

自分の業界の人達と飲むことはなかなか楽しいことであり、良き友とライバルにも恵まれて孤立すること無く邁進できるというありがたい副音ももたらしてくれる。通常のビジネスでも横のつながりは非常に重要で、それぞれメーカーやクライアント小売店など立場は様々、雇用者と経営者といろんな立場の人間が入り乱れることは時として人脈の化学変化のようなものをもたらしてくれる。

今では、異業種交流会というのが当たり前で自分の業種以外の人間に会うことが良いとされていた。なぜならライバル業種はその同業者内で争いではないが、真の情報交換ができないため、異業種になれば緩和されいろいろと自分たちの業界に反映できることが多かったからである。しかし、今の世の中はネットが一般的になり、同業種であっても横のつながりは非常に重要であり、異業種でなければ聞けない情報という頭でなくても快く応じてくれることがほとんどである以上に社会が縦から横へと昔以上にシフトしていくからでもある。

実際の交流会というのは、初めてあった人達だらけで異業種ともなれば相手を想定するのが非常に難しいが、同業種であればそれはまた違ってスンナリと状況や相手の話が身につき吸収できるというメリットの方が大きい。それよりも精神的な向上にもつながるし、ライバル心をしっかりと植えつけてくれる機会というのは買ってでも欲しいものである。

このブログ記事について

このページは、adminが2011年9月29日 09:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「計画的避難区域として避難開始した福島県飯舘村」です。

次のブログ記事は「意欲と閃きクリエイティブと移動距離は比例する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。